◇映画上映のお知らせ

『第4の革命』~エネルギー・デモクラシー~ 太陽と、風と、大地のエネルギーで暮らしが、世界が変わる!

公式サイト

【上映とトーク】

*日時:7月29日(日)

上映①11:00~12:23 

②13:30~14:53 桃井和馬氏トーク15:00~15:40

※①の半券でトークに再入場できます

*会場:ベルブホール(多摩市永山公民館ベルブ永山5F)

*チケット:前売1000円、当日券1200円 ※中学生以下無料

※多摩市エネルギー協議会会員は無料(当日入会可)

※保育あり 事前申込みでお願いします。

*問合せ・チケット予約・保育申込み:080-6670-6641、e-ga-wa@m6.dion.ne.jp

*主催:多摩市循環型エネルギー協議会/エネルギーシフトをすすめる多摩の会

 

 

 

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

 

.

.

.

.

.

.

 

.

.

.

.

.

.

 

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

 

.

.

..

.

 

 

3.11フクシマを忘れない 原発のない未来を
原発どうする?!
アクション in TAMA

3月11日(日ようび)雨天決行
13時~15時くらい
12時半よりプレイベント
パルテノン多摩 大階段下・きらめきの池 / 多摩中央公園周辺

東日本大震災から1年。
被災地の復興のこと
原発のこと
これからのエネルギーのこと
放射能と食べ物のこと
こどもたちのこと……。
いろいろなことがあるけれど
ひとり一人つながって
地域から発信していこう。
アクション in TAMA!!
被災地とつながろう。
私たちはフクシマを忘れない。


主催:3.11フクシマを忘れない原発のない未来をTAMA実行委員会
東京・多摩市を中心とした人たちやグループのネットワークです

●黙とう
東日本大震災がおこった14:46に
1分間の黙とうをおこないます

●ウォーク
閉会後は自由に周辺をウォーク

●メッセージリボン飾り
多摩の空から被災地にとどけ!
あなたの思いをリボンに書いて結ぼう

子どもたち集まれ!
風船など電気に頼らずに楽しい遊びがあるよ!

●避難者の声
福島からの避難者・伊藤千恵さんの詩の朗読

●リレートーク
多摩の中心で、伝えたい想いを語ろう、聴こう

●うた
12:30~潤大作
ギター1本と全身で家族愛、人間愛をテーマに弾き語る魂のシンガーソングライター。被災地の応援歌「頑張ろうや」をうたう。
13:30~夏目マキ
どのような環境でも夢を捨てないことを発信し続けている。多摩センター駅前で多数の路上ライブを行っている。
13:50~あどぅん
タイ国出身。民族ポップ演奏者。役者としても映画TV出演多数。1999年国立競技場でサッカー試合前にタイ国歌独唱。
14:10~よしだよしこ・末森英機
ずっとずっと遠いところまで 忘れないであるくこと 語り継がねばならぬこと 
と平和への思いを歌う。
14:47~二瓶純子
福島県出身。藤原歌劇団準団員 メゾソプラノとして活躍。ピアノ伴奏 伊藤佳子。

●福島県の農業生産者から
福島県有機農業ネットワークの方からメッセージをあずかりました

●避難者同士・市民の交流コーナー
自由なしゃべり場です

●復興支援物品販売(放射線サンプル検査事前実施)マイバッグを持参してね
・まるごとにんじんジュース
二本松の有機人参使用のジュース
・小高だいこんかりんとう
南相馬の現役高校生が開発しました
・いのちの笛
いざというとき音で知らせる防災笛

●書籍販売
放射線関連の書籍をご紹介・販売します

●放射線検知器展示
(株)タウ技研さんご協力

●放射性物質と食品・調理法などについて展示・相談コーナー
お子さんのいらっしゃる方、放射性物質の影響について悩みや疑問の
ある方、一緒に情報共有しましょう
測定室立ち上げについても考えています

3.11フクシマを忘れない原発のない未来をTAMA実行委員会
よびかけ(個人・グループ=順不同)
山口渉 桃井和馬 野呂喜代子 吉田千佳子 阿部秀寛 鹿島正 山田恵子 光永正直 田原肇 山本道子 古田周 尾崎芳彦 新田孝 高森郁哉 藤井義弘 宮内貴美子
稲富勉 原田敬子 江川美穂子 山田剛 豊間根香津子 諸富真 小林憲一 山本信子 高橋泰子 鈴木加代子 長尾すみ江 金倉惠子 山田主税 林久美子 関野聖子
佐久間む津美 村松美花 橋本由美子 岩永ひさか 古家佳子 平野紀美子 深尾香子 武内好恵 堤典子 徳永一美 難波由紀子 原田恭子 向井佳穂理 石毛理美子
森岡淳子 篠田真理子 平清太郎 河合充子 井口操子 末木あさ子 遠藤めい子 池田由美子 大野まさき 末木亮 星旦二 小森陽一 小森恭子 板橋茂 石渡あきら
安斉きみ子 神子島健 妹尾浩也 小山七積 遠藤佐知子 太田裕子 安室君子 寺田節二 丸公夫 尼崎学 谷中英雄 柴崎享代 小林京子 礒岩優子 和泉弥須雄 
古賀禧子 上伸子 髙田一広 津山清 長沢淑郎 柴田剛介 若江洋 原口すみ 小野征宣 松田佳子 大段民子 松崎靖子 中島治美 小林貴美子 小山謙三 針尾政幹
間定夫 高野巌 遠藤恵 中西幸子 鈴木康子 林屋まり子 高橋葉子 長谷川隆義 鈴木伸 大津山壽久 久保友加里 長瀬俊彦 鶴見佳祐 寺田桂子 山本治史 
鈴木博子 松浦望 佐久間忠夫 芦沢則子 薗田浩美 木下美佐子 木下祐一 伊地智恵子 奈良喜代美 杉本祐作 大木貞嗣 山川陽一 叶内栄子 水野清 福本慶一郎
佐藤永子 斉藤陽子 加藤弘子 松田良子 竹内繚子 片山美奈子 上杉ヨシ子 杉本好子 酒井清志 松永真紀子 三宅正人 菅原重美 小幡博子 中野雅江 青木芳子
西田健太 川上千恵 滝口直行 小島三保子 伊地智恭子 平田久世 村上雅子 浜田照代 影山昌江 鈴木菜々子
こどもと未来をつなぐ会・多摩市 放射性物質からいのちを守る多摩市民の会 多摩平和イベント実行委員会 エネルギーシフトをすすめる多摩の会 アジア・ヒストリー
多摩怒れるばあばの会 原水爆禁止多摩協議会 年金者組合多摩稲城支部 市政にみんなの声を多摩市民の会 自由と平和・民権をすすめる多摩市民懇談会 
原発「都民投票」直接請求を成功させる会多摩 新日本婦人の会多摩支部 東京土建一般労働組合多摩稲城支部 多摩市職員組合 自治労多摩市職員組合
女性会議多摩支部 全国福保労東京地本・こぐま保育園分会 桜ヶ丘第一保育園分会 (2/21現在)

 

 

■おひさま進歩エネルギー(株)原亮弘社長の講演会


「市民の意志あるお金で取り組む、自然エネルギーの普及促進
 ―今こそ必要なエネルギーシフト― 」

2011年8月11日開催・収録


Video streaming by Ustream

 

 

■多摩市内の放射線測定

 

8月3日、会員が所有する測定器を使って、多摩市内9ヶ所の放射線測定を行いました。

測定方法は、5分間安定させたのちに、10秒おきに
7回読み取り。その平均値を出しました。
単位はマイクロシーベルトです。

聖蹟桜ヶ丘交番前交差点角と、唐木田すももくぼ公園が
やや高かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第3回目 放射線測定
日時 8月3日  10時~13時
天気 くもり

1.関戸6丁目 交通公園  (信号そば)
 地上1m 0.072  地上5cm 0.084
2.関戸4丁目 九頭竜公園 (遊具そば)
      0.057        0.085
3.聖蹟桜ヶ丘交番前 (交差点角)
      0.08         0.11
4.桜ヶ丘4丁目 交番前 (公園内)
      0.045        0.08
5.和田公園   (サッカーゴール裏)
      0.052        0.045
6.多摩センター三越前 (花壇そば)
      0.085        0.075
7.鶴牧西公園 (東屋前の芝生)
      0.067        0.065
8.中沢池公園 (時計台前)
      0.047        0.062
9.唐木田1丁目すももくぼ公園 (遊具前)
      0.08         0.098

 

※これまでの測定結果をまとめたPDFファイルは、

上部メニュー「ダウンロード」から進んでいただくと、

ダウンロード/閲覧ができます。

 

※多摩市による放射線量の測定はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自然エネルギーの地産地消を考えよう!
おひさま進歩エネルギー(株)原社長講演会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

市民団体「エネルギーシフトをすすめる多摩の会」(事務局:東京都
多摩市 会長:林久美子)は、8月11日(木)に多摩市立関戸公民館大
会議室にて、『おひさま進歩エネルギー株式会社 原 亮弘(はら
あきひろ)社長 講演会「市民の意志あるお金で取り組む、自然エネ
ルギーの普及促進 ―今こそ必要なエネルギーシフト―」』を開催し
ます。

官民連携による自然エネルギーの地産地消と市民ファンド組成の成功
例として全国から注目される長野県飯田市。その主導的役割を果たし
てきた原社長からお話しいただき、多摩での自然エネルギー普及に向
けたヒントもいただければと考えています。

当日は大勢の皆様の参加をお待ちしております。特に、以下のような
方々に関心を持っていただける内容になるかと思われます。

◎人と環境に優しいエネルギー(電気)を普及させるために、どんな
方法があるか知りたい人
◎地域振興と利殖を兼ね備えたファンドへの投資に興味がある人
◎自然エネルギー関連事業への参入機会を検討する事業者・起業家
◎自然エネルギー分野での余資運用を検討する事業者
◎集合住宅屋上への太陽光パネル設置を検討する管理組合員や賃貸住
宅オーナー
◎自治体で政策・経済・環境・くらし等を担当する部課の職員

なお、NPO法人 環境エネルギー政策研究所(略称ISEP 所在地:東京都
中野区 所長:飯田哲也氏)が同講演会に協力します。講演会の中で
ISEPの研究員にコメントしていただくほか、将来的に事業者、ISEP、
当会などが共同で、多摩市および多摩地域での「自然エネルギーの地
産地消」実現に向け調査研究や意見交換を行う研究会を設立すること
も検討していきます。

以下に講演会の詳細を記します。よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おひさま進歩エネルギー株式会社 原亮弘社長 講演会
http://www.ohisama-energy.co.jp/
「市民の意志あるお金で取り組む、自然エネルギーの普及促進
 ―今こそ必要なエネルギーシフト― 」

開催日時:2011年8月11日(木)18:30開場 19:00開演~21:00
場  所:多摩市立関戸公民館 大会議室
     多摩市関戸4-72 聖蹟桜ヶ丘ヴィータ8階 電話042-374-9711
参 加 費:資料代200円 事前予約不要
主  催:エネルギーシフトをすすめる多摩の会(エネシフ多摩)
     http://eneshif-tama.jimdo.com/
協  力:環境エネルギー政策研究所(ISEP)
     http://www.isep.or.jp/
問 合 先:エネシフ多摩事務局 高森 090-3900-0479
     または当サイトの「お問い合わせ」からフォームをご利用ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

多摩市内の空間放射線量の測定結果報告

会員が所有する測定器を使って、市内公園等の空間放射線量を測定しました。
専門家による測定ではないこと、また測定器により数値にばらつきがあることをふまえ、
値はあくまで参考値として頂きますよう、お願いします。

測定機器  ドイツCOLIY社製 Model 900+
測定単位  マイクロシーベルト/時間
測定方法 おおよそ5分間の平均値(小数第3位を四捨五入)

***測定日 2011.6.27 9:00-14:30 雨のち曇り ***
・永山北公園:ケヤキの下、土の上
地上1m    0.08
地上5cm   0.09

・貝取北公園:芝生の上、広い芝生、空が広がっているところ
地上1m    0.04
地上5cm   0.04

・瓜生緑地:コンクリート道の上
地上1m    0.07
地上5cm   0.07

・一本杉公園:トンネルと川の間、吹きだまりの場所
地上1m    0.10
地上5cm   0.11

・豊ケ丘南公園:池の東側、松の木の下、池が前にある
地上1m    0.06
地上5cm   0.04

・豊ケ丘第一公園:コンクリートの上
地上1m    0.06
地上5cm   0.08

・乞田貝取ふれあい公園:
東屋の中 地上1m       0.07
東屋の中 地上5cm      0.07
砂場 地上1m           0.06
砂場 地上5cm          0.06
植え込み 地上5cm      0.06

・馬引沢第一公園:黄色い遊具の前、砂土の上
地上1m    0.08
地上5cm   0.08

・諏訪南公園:サッカーゴールの前、芝生
地上1m    0.08
地上5cm   0.06

・都立桜ヶ丘公園:街路灯の下、草地
地上1m    0.10
地上5cm  0.05

・連光寺6丁目個人宅の庭:
地上1m    0.06
地上5cm   0.07

・連光寺6丁目個人宅の雨樋:
地上5cm   0.37(最高値)
地表(直置き) 1.57(最高値)

***測定日 2011.7.6 9:00- ***
・東永山複合施設:グラント、市の測定場所
地上1m    0.05

***測定日 2011.7.10 16:00-16:30 晴れ ***
・諏訪第一公園
ベンチ横 地上1m       0.06
ベンチ横 地上5cm      0.06
滑り台下、土・落ち葉 地上1m        0.08
滑り台下、土・落ち葉 地表(直置き)0.11
ブランコ、土 地上1m          0.06
ブランコ、土 地表(直置き)  0.06
公園下側溝、落ち葉吹きだまり  0.09

今後、市内の公園10カ所ほどの測定を予定しています。

 

※これまでの測定結果をまとめたPDFファイルは上部メニューの「ダウンロード」へ進んでください。


※多摩市による放射線量の測定はこちら

 

勉強会のご案内

7月3日(日)午後2時~ 
会場:ベルブ永山4階 視聴覚室
講師:立川市議会議員 大沢ゆたか氏
立川市における「特定規模電気事業者(PPS)契約による脱原発の取り組み」を中心に、立川市内における市民共同での放射線測定の取り組みについてもうかがいます。

ゲスト:
☆衆議院議員 くしぶち万里氏 東京都第23区(町田市・多摩市)選出
エネルギー政策を議論する超党派の議員勉強会「エネシフジャパン」呼びかけ人
民主党政権が進める原発再稼働の方針と、現行の事故処理体制などについて、当会の疑問にお答えいただきます。

☆多摩市総務部 総務契約課長 会田氏
阿部裕行市長が6月25日の当会主催シンポジウムで「多摩市もPPS契約に取り組みます」と明言しましたが、現在どの程度進んでいるのか、状況を報告していただきます。

資料代:200円
この勉強会は会員対象ですが、当日のご入会も歓迎いたします(年会費1000円)。
主催:エネルギーシフトをすすめる多摩の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原発事故とエネルギーシフトを考えるシンポジウム
6月25日(土)永山公民館・ベルブホール
18:30開場/19:00開演 (21:00頃終了予定)

井野博満
東京大学名誉教授(金属材料学・原子炉圧力容器照射脆化)
柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会代表
「“技術でない技術”原子力発電ー福島原発事故はなぜ起こったか」

古屋将太
環境エネルギー政策研究所(ISEP) 研究員
デンマーク・オールボー大学大学院 博士課程
「分散型自然エネルギー社会への転換に向けて」

阿部裕行
多摩市長

主催:エネルギーシフトをすすめる多摩の会
参加費:500円

問い合わせ先:高森 090-3900-0479
http://eneshif-tama.jimdo.com/

 


2011年5月17日、「エネルギーシフトをすすめる多摩の会」が設立されました。

電気、食べもの、水、空気……。

私たちひとりひとりの生活に関わること。

未来の子供たちが安心して暮らせる環境を残すために。

より良いエネルギー利用について、ともに学び・考え・行動しましょう!

 

多摩市民有志で立ち上げる

「エネルギーシフトをすすめる多摩の連絡会」(仮称)へのお誘い


※エネルギーシフトとは……原子力や化石燃料でつくった電気から、健康にも環境にも害が少ない方法でつくった電気へ、段階的に転換していくこと。


■呼びかけメンバー

星旦二、江川美穂子、豊間根香津子、山口渉、中沢みほ、諸富真、高森郁哉


■会の目的と活動内容

  • エネルギーシフトに関心がある個人、団体、民間企業に参加を呼びかけ、活発な意見交換の場を提供する
  • エネルギー・原発問題に関する知見を深めるため、シンポジウム・講演会・勉強会等を主催する
  • 会の総意が市政運営に反映されるよう積極的に働きかける

■年会費

  • 個人会員 1000円
  • 団体会員 5000円

■活動予定

  • 講演会等の主催
  • 勉強会
  • 定例会
  • 交流会
  • 会報発行(紙+ネット)

■設立説明会・第一回定例会

5月17日(火) ベルブ永山・講座室(科学室から変更になりました)

18:30 開場 個別説明

19:30 全体説明

20:20 第一回定例会

21:00 終了予定

 

■主催イベント第1弾

原発事故とエネルギーシフトを考えるシンポジウム

6月25日(土)永山公民館・ベルブホール

19:00開演予定

登壇者:

井野博満さん

東京大学名誉教授(金属材料学・原子炉圧力容器照射脆化)

柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会代表

多摩市・阿部裕行市長(5/15決定)

 


問い合わせ先:高森 090-3900-0479

 

これから「脱原発・エネルギーシフト」を呼びかけ、実践を促していきます。

2011年

5月

10日

5.15シンポジウム「いのち最優先の自治体・エネルギー政策~大震災・原発被災後のビジョンを徹底討論!」

【お知らせ】5.15シンポジウム「いのち最優先の自治体・エネルギー政策~大震災・原発被災後のビジョンを徹底討論!」

 5/15 今こそエコでフェアな自治体を! 『3.11』から未来を拓くシンポジウム


いのち最優先の自治体・エネルギー政策

大震災・原発被災後のビジョンを徹底討論!


日時:5/15(日)午後6:30~

会場:東京オリンピック記念青少年センター・国際棟 http://nyc.niye.go.jp/

主催:1000人のエコフェア宣言プロジェクト 

みどりの未来

参加費無料!

『エコ⇒原子力からシフトする』 

自然エネルギー100%は2050 年までにできる

●飯田哲也  (環境エネルギー政策研究所所長)


『フェア⇒震災「弱者」をつくらない』

仕事・住宅・生活・コミュニティのベーシックな保障を

●竹信三恵子  (和光大学教授 元朝日新聞記者 著書「ルポ雇用劣化不況」他)


<緊急・海外ゲスト>

『ドイツ緑の党 脱原発への道』

●ジルヴィア・コッティング=ウール  (ドイツ緑の党・国会議員 原子力・環境政策スポークスパーソン)

「私たちは、今、どのような社会と政治をめざすのか」、復興や再生を語るためのビジョンが必要です。震災前と同じ社会や政治ではなく、人々がほんとうの意味で安心でき生活が保障される、新しい社会と政治のありようが求められています。すでに脱原発への道を歩み始めているドイツは、かつての東西ドイツ統合の過程で格差と貧困の問題に直面してきました。ドイツ緑の党のゲストも招いて、「原子力からのシフト」「震災弱者をつくらない」ための社会と政治を徹底的に議論します。


<問合せ・連絡先>〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-3-4 高円寺ビル404

みどりの未来

TEL&FAX : 03-3338-8587

 

みどりの未来 情報ページ


2011年

5月

10日

エネシフジャパン勉強会